高崎市箕郷町・頭蓋骨・顎関節・骨盤の矯正
営業時間|10:00~19:00
【完全予約制・不定休】
お電話でのご相談・お問い合わせ
  1. Home
  2. /
  3. 顎関節症 

顎関節症 

あごのトラブルでお困りではありませんか?

顎関節症

✅ 口元が曲がって口が開けづらい
✅ 顎関節症でストレスがたまる
✅ 口を開けると痛くゴリゴリ音がする  
✅ 歯並びが悪く、歯列矯正するか悩んでいる
✅マウスピースをつけるのがつらい

顎のズレ、顎関節症も頭蓋骨、顔のゆがみのひとつに当てはまります。顎関節になんらかの症状がが出ている人の割合は実に日本人の 約70~80%と言われておりかなり身近な症状であると言え歯科を受診する患者さんの3割以上に顎関節症がみられ、男女比では女性に多く、男性の約3倍、特に20代~30代の女性に多いことがわかっています。

結論からいいますと・・・「顎の歪み・痛みは、顎を揉んでも押しても良くなりません」顎以外の痛みの出ていない所に問題があります。また顎関節症もちの人は他の症状、首痛、肩こりなどを抱えています。顎関節症のおもな原因、頭や首まわりの筋緊張から生じると考えられています。筋肉の緊張状態がつづくことで首から頭蓋骨まわりの歪みを招き顎関節症に発展してしまうといわれています。顎周辺の血行が悪くなる原因として次のことが挙げられます。

姿勢不良

日常生活で、顔や顎を前に突き出した不良姿勢になっていると、骨盤のズレから顎関節症になります。

デスクワークによる長時間のパソコン作業
・長時間のスマホの操作
・同じ腕や指の作業を繰り返し使っている
・車の運転
・赤ちゃんを左手で、左腕でずっと抱っこしながらの家事

現代は、スマホの普及デスクワーク(リモートワーク)の増加の影響で、顎関節症になりやすい環境であるといわれています。

◇アンバランスな身体の使い方

アンバランスな身体の使い方によって骨盤や背骨のゆがみがあると、顎関節が崩れやすくなります。

・足を組んで座る
・ 片足に体重をかけて立つ
・ カバンをいつも同じ肩にかけている
・  浅く腰かけ、背もたれに寄りかかる
・ 食事を片側で噛む、あごがズレている
・ 同じ腕や筋肉に集中的に負荷がかかるスポーツ(ゴルフ・テニス・野球)

足組みを同じ足ばかりで組んでいる姿勢は、肩を下げ巻き肩になって顎関節症になります。足を組んでいる側の骨盤もゆがみ足を上げている側の筋肉が緩んで脂肪がつきやすくなります。特に女性の方は気をつけてください。

加齢・筋力低下

体幹(腹筋、背筋)の筋力低下によって姿勢を支えられず、顎関節が歪む原因もあります。
加齢で歯の本数が減る、運動不足などが噛む力が招くおもな原因に挙げられます。

ストレス・疲労

人は疲労、ストレスを感じると、防衛本能から前屈み姿勢になって顎関節がが歪む原因になるといわれています。

顎関節症の原因は何か?

・歯並びや噛み合わせの悪さによる顎関節への負担(食べ方のクセ)
・顎関節がもともと弱い等といった構造上の問題
・ストレスや不安などであごの周りの筋肉が緊張した結果
・頭蓋骨、首などからくる歪み

《アゴの歪み度チェックリスト》

アゴの歪み度チェックリスト

✅ 鏡で、アゴのエラを親指と人差し指でつまんで高さ、左右差をくらべてみる。

左右のアゴのえらを触って左右上下に違いがあれば下アゴにゆがみが入っています。顎関節がズレてるということは、もちろん歯並びや歯の当たり具合まで異変が起きているということです。「ねぇ~アゴが曲がってない!」と同僚に指摘されて気がつきます。正面から見ると左右非対称で口元も曲がり女性に多いです。特に痛みや自覚症状もないからあまり気にしない方も多いです。(芸能人で言えば、◯◯さか◯えさんを想像してみてください。

顎関節症の検査と施術の方法

当院では噛み合わせや歯並び、顎関節のトラブルなどの診断をする際に必ず頭蓋骨の触診を行います。それは顎のゆがみも含めて多くの問題は頭蓋骨のトラブルもおこしているからです。例えば下顎は正常なのに上顎の左右差が大きい場合、左右上顎骨のねじれなどが考えられます。そして上顎骨の捻じれがある場合はその周りにある側頭骨や蝶形骨、頬骨、さらに頭頂骨までゆがみが生じていることがほとんどです。

施術はおもに手技で行っていきます。骨格のゆがみに関連する緊張を緩めることで、骨格を正しい位置に戻していきます。強い刺激を加えると、防御反応で筋肉は緊張してしまい、骨格を矯正しにくくなるといわれています。そのため顎関節矯正は、身体の負担とならないソフトな力で進めていきます。強い刺激や痛みを感じる施術が苦手な方も安心して受けることができます。

顎関節矯正とは、ずれたっ顎関節の位置を整えることで、顎関節症の改善を目指していく施術になります。顎関節症を改善するためには、身体の土台となる「頭蓋骨」や「骨盤」の位置を整える必要があります。あごのゆがみ矯正では、背中(胸椎)だけではなく、頭蓋骨、頸椎腰椎骨盤まで矯正を加えていきます。

顎関節症は顎だけのトラブルではありません。より効果的に予防・改善するため、高崎市整体ゆあさでは、痛む所が原因ではなく、原因を作るゆがみに「ミリ単位でアプローチ」痛みや不調の原因、身体のゆがみを調べ、その症状とゆがみの関係を明確にして、頭蓋骨、首、骨盤矯正から全身を整える整体になります。

顎関節症に関わる全身のゆがみ

  1. カカト、アキレス腱のねじれを検査
  2. 骨盤と仙骨の歪みを検査
  3. 頭蓋骨の歪みを検査
  4. 首(頚椎)を検査
  5. 肩甲骨・肋骨を検査
  6. 腕(肩関節・肘・手首)のねじれを検査
  7. 脚(股関節・膝・足)のねじれを検査
  8. アゴ(下顎骨)の歪みを検査

調整の7つのメリット!

  1. 骨格検査(頭~足先)で痛みにつながる本当の原因が知れます!
  2. 過去の痛み「ケガ・骨折・捻挫」後遺症も重視!
  3. 痛い所には触れず、効果的で実感できる施術!
  4. お体の悩みを全身のつながりから整える「全身バランス調整」
  5. ゆがみの元になる姿勢から改善させる「骨盤ねじれ矯正」
  6. 頭蓋骨、顔のゆがみを解消させる「頭蓋骨・お顔の整体
  7. 「え?」腕や足から不思議な整体と思う感覚!

整体後から理解が深まる3つの特徴!

  1. 【特徴1】身体のゆがみ・ねじれの不調の原因になる状況を認識でき、再発防止の心配が減る環境つくりをサポート
  2. 【特徴2】施術後も早期回復のセルフケアで安心感が高まる。
  3. 【特徴3】帰宅後も気をつける点(姿勢、身体の使い方)の注意点もプリントを読めば理解が深まり、悪い習慣から「サヨナラ」できます。
    「環境、姿勢、クセ」3つ視点から工夫をすることが「私の使命」です。

顎関節症もちの人が抱える他の病気(疾患)や症状

※原因となる疾患は、医師の診断が必要です。以下疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

頭痛、頭重感、ほうれい線、咬合不全、くいしばり、噛みしめ、歯ぎしり、開口障害、めまい、耳鳴り、吐き気、首痛、肩こり、背中のハリ、腰痛、膝痛、O脚、足首痛、足の長さ違いなど顎関節の異常が全身の不調につながっているかもしれません。
姿勢が悪い、足を組む、片方で噛む、身体全体のバランスは、顎関節症で重心の不安定。首の骨1番目と2番めの骨にゆがみがあれば、上と下のアゴに影響。全身のバランスが崩れから不定愁訴につながります。

◇アゴのゆがみから自律神経の不調に

顎関節症から全身のバランスが崩れ自律神経へ悪影響を及ぼすことがあります。顎関節症では左右対称に顎を使えない等、片方で噛む癖や歯や顎のズレからアゴ、首、仙骨にもゆがみが入りやすいです。首の骨1番目と2番めの骨にゆがみがあると自律神経が乱れて頭痛、首痛、肩こり、腰痛などの不調を呼び込みます。顎関節の上あごと下あごがずれた状態が続くとかみ合わせも悪く体全体の重心バランスが不安定になり、歩行でフラついたり足に力が入らなくなります。

そして、歯科に通って噛み合わせを調整したり、耳鼻科にいっても症状がなかなか治まらない。病院に受診するも不快症状ははっきりせず、うつとか自律神経失調症という診断がつけられる。それがまさか、アゴの不具合がこれらの不調につながっているとは、思いもしない。

◇腕のねじれから顎に力が入り顎関節症に

手や指を握ると、前腕、二の腕、肩や胸まで動いているのがわかると思います。パソコン・マウス・スマホで指を使うと指の緊張から、首がこります。
やがてあごに力が入り食いしばりも強くなって顎関節症に発展します。

◇ねんざ足、カカトのゆがみからくる顎関節症

手首、足首のねんざ、ケガをされた覚えはありませんか?頭痛、首痛、肩こり、腰痛、膝痛、足首痛など・・・
症状が改善されない理由の1つにカカトのゆがみやねんざ足の後遺症が関係しています。ねんざ足はカカトが、ずっと内側に倒れ込んでいるためアキレス腱のも負担がかかりカカトが、顎関節やアゴのゆがみの犯人だったというケースもあります。ご本人もケガの既往を忘れていることが多く、まさかカカトが原因だったとは気づかないですごしています。

◇夜間の食いしばり・歯ぎしり・噛みしめ

夜間の歯ぎしり、食いしばりから朝起きると胸鎖乳突筋やアゴの筋肉(咬筋)硬さから頭痛、首痛、肩こり、腰痛など原因になります。
噛みしめ、かみ合わせは、ストレスから顎関節にゆがみをつくるだけではなく、首、肩、腰、足など全身にゆがみが広がります。

◇ブリッチ、歯槽膿漏、歯が抜けたまま放置の片噛み

ブリッチ、部分入れ歯をできれば良いですが、歯槽膿漏や歯が抜けていると、どうしても反対の歯で噛む傾向や抜けている隣合わせの歯にもドミノだ押しのように、歯の全体がゆがみ、アゴのバランスに影響がでます。また、かみ合わせのバランスも悪くなり、当たらない歯も斜めに曲がったりアゴがゆがみむことで他の歯に当たるようになってきます。

それだけ、、、部分入れ歯をもっていたら、面倒臭がらず入れていたほうが、体は安定して首、肩、腰などの痛みも軽く済ますことができます。

◇歯科に行ってからあごや口の開き方、体の調子が悪くなるケース・・・

口を大きく開けるとあごの付け根が引っかかる

歯科では、親知らずを抜く、虫歯の治療は、口を大きく開けている時間が長いために、アゴにも負担がかかります。せっかく歯がいい状態になってもアゴがゆがんだままでは、かみ合わせにも不具合が生じ、歯医者に行きだしたら、歯は良くなったが、今度は体の調子が悪くなるケースもありますから、長期の歯科治療後はアゴのゆがみを整えることをオススメします!

◇マウスピースを夜間付けるのが苦痛

歯並びかあごのゆがみの悩み

夜間の食いしばり・歯ぎしり・噛みしめ、歯列矯正後やかみ合わせ調整でマウスピースを新しく作って、夜間装着をするがつらいと報告を受けます。あごがズレた状態で作ったマウスピースは装着してもまた、あごがズレる原因になります。下顎が前に出る受け口(反対咬合)などがあり受け口状態になると力強い咀嚼ができなくなります。

◇歯列矯正前には、頭蓋骨のゆがみを整える

歯列矯正は、多額のお金と時間をかけます。歯を矯正するということは、その土台になるアゴや頭蓋骨がゆがんでいる状態で歯列矯正をしてもその後も
元も子もないアゴのトラブルに発展しかねません、アゴから上の頭蓋骨矯正することでアゴや顔全体のバランスも整います。生活習慣のアドバイスと簡単にできるセルフケアをお伝えしています。原因を知ることで、顎を歪める習慣が止まり、アゴのゆがみ・顎関節症から解放されます。

顎関節症の早期回復を目指す施術のペース

◆施術ペースの目安
初回~3回目位まで ⇒3日~1週間に1回 (3回目位までに悪い癖が抜けてきます。)
3回目~5回目位まで ⇒1~2週間に1回 (身体の状態が安定してくる頃です。)
5回目以降 ⇒3~4週間に1回 (良い状態をキープする為のメンテナンス。

顎関節症の早期回復を目指す施術のペース

劇的な変化を望む方もいますが、通院回数が必要とされることもあります。

1.パターン1 (オレンジ)<回数:1回~3回程>1ヶ月程度

今の状態が「施術するたびに改善」していくパターンです。施術をするたびに楽になります。比較的、症状の軽減を早く実感できます。

2.パターン2(茶色) <回数:3回~4回程度>1~2ヶ月

今の状態が「階段式に改善していく」パターンです。元の状態に戻るパターンは、早い方で3日程度です。気をつけていても1週間程度で、元の状態に戻る方が多いようです。少しの改善で変化を感じにくいのですが、 施術を重ねていくうちに、体調の良い状態がキープできるようになります。3週間ほど期間を空けても、元に戻らなければ【良し】という判断になるでしょう。 

3.パターン3(みどり) <回数:4回~5回程度>2~3ヶ月

最初の数回の施術では、変化はなく「途中で急に改善していく」パターンです。施術を重ねることで、急に症状の改善を感じることができます。このパターンの方は少ないですが、長年にわたり症状を我慢していた方、症状が複数ある方や日常生活でねじれやゆがみを習慣化している方に当てはまるパターンです。 

これらの変化やペースはあくまで目安です。お客様の生活習慣やそれまでの経緯などによって異なります

顎関節症の予防と調子をキープするためのメンテナンス

顎関節症の予防と調子をキープするためのメンテナンス