[flexy_breadcrumb]

高崎市箕郷町、顎関節症、あごがなる、口が開きづらい 

歯医者のかみ合わせ治療だけでは治らない顎関節症の原因

高崎市の腰痛整体、顎関節症、あごがなる、口が開きづらい、かみ合わせ治療だけでは、顎関節症は治らない

・アゴのつけねがゴリゴリいうことがある。
・口を開けるとあごのつけ根が痛む
・口を大きく開けるのが恐い
・アゴが外れるかもしれないから片方で噛んでいる

など、

・アゴがずれているのが気になる。
・口を開けるとあごのつけ根が痛む
・口を大きく開けるのが恐い
・アゴが外れるかもしれないから片方で噛んでいる
・食事をするのが不安

また外れそうになるんじゃないかと心配し続けてる

方に向けた、あごのトラブルでお困りの方のお役に立てれば幸いです。

こんにちは、群馬県高崎市腰痛整体 整体ゆあさです。

そのような方が自分でアゴ(下顎)の位置を確認する方法

親指と人差指でご自身で顎の骨を摘んで触ってみるとよいです。

自分であごの骨をつまんでゆがみを確認する方法

自分であごの骨をつまんでゆがみを確認する方法

1.下顎頭(アゴの一番つけ根)
・耳のアナの前の左右の高さや左右の前後の位置はどうか?
ここが歪んでいると・・・
あごの付け根が口を開けるたびに、ゴリゴリなる原因になります。

2.下顎角(エラの部分)
・アゴのエラの左右の高さや前後の位置はどうか?
ここの高さが違うと頭全体にも歪みが入ってます。

3.下顎先(アゴの前歯の下の部分)
・アゴの先を鏡でみて左右どっちかに傾いていないか?
ここが歪んでいると顔全体に歪みが入っています。

1,2,3の位置が悪ければ悪いほど、下顎のずれが

ひどくそれにつられて、上アゴ(鼻側)の歯のかみ合わせが

悪かったり、隙間が出ていることがあります。

そうすると、首の骨(上部頸椎)や側頭骨など、

頭蓋骨全体のバランスが悪くなっているかも

しれません。

あご回りゆがみと口周りの筋肉の硬さで口が開かない

筋肉などが硬くなったり、ねじれたりして、アゴの

可動域がさらに軽減してしまいます。

アゴを正常な位置にもどすには、

・外側翼突筋、内側翼突筋(口の開け閉めに関係する筋肉)
・咬筋(エラに付いている筋肉)
・胸鎖乳突筋(エラのつけ根から首に続く筋肉)
・後頭下筋(頭の後ろ、頭のつけ根から首につながる)

その他

・頭蓋骨全体のバランス
・首のねじれのバランスをとると

筋肉のねじれもとれ、アゴは正常な位置にもどり

口も大きく開けることができるようになります。

顎関節と肩と股関節の体の動きの関係

顎関節のバランスがよい状態だと、肩の動き、股関節

脚の動きは良くなりますが顎がズレてえいると

肩こり、股関節の動きは悪くなります。

当院では、顎関節の調整で肩こり、股関節の動きを改善します。

あご、頭蓋骨の調整は頭痛や腰痛の調整にも入っていますので当院では、必須になります。

回数などは長期の症状、ゆがみのもどりの程度に

よってまちまちですが、不調が良くならない原因に

は顎関節が全身の調整と絡んでいます。

当院にご来院いただければ、お客様の身体をしっかり検査しながら、
全身の歪みがあご、口の開きなどに影響を与えていることを
お体からテストで感じてもらうことができます。

是非当院の頭蓋骨を中心とした、高崎市の腰痛整体、整体ゆあさの全身調整をお試しください。