[flexy_breadcrumb]

高崎市腰痛整体、腰が抜ける、足に力が入らない

腰が抜ける、足に力が入らない

高崎市の腰痛整体、腰が抜ける、足に力が入らない

腰が抜ける、腰に力が入らない理由腰が抜けやすい、腰や足に力が入りづらくなっていると

いうテーマでお届けします。

腰痛でお困りの方の参考になれれば幸いです。

こんにちは、群馬県高崎市の腰痛整体ゆあさです。

腰に力が入らなくなると、体幹を支えることが出来なくなるので、

へたり込んでしまうことになります。腰が抜けたように感じるのは、

身体的な場合重いものを持ち上げたときに腰骨がズレたり、

同じ姿勢を長時間して立ち上がる時にピキッとした痛みが走り、

腰に力が入らなくなるなど、骨盤の中でも、中心にある仙骨と外側にある腰骨と

仙腸関節の部分に重さがかかってきます。

腰の抜ける、痛みが出ている状態は、仙骨と骨盤が

引き離される様な状態になります。

何らかの原因で骨盤が外側に引っ張られるような状態になっているということです。

太ももの裏側にある筋肉やももの外側にある腸脛靭帯などが

緊張して短縮することで、骨盤が仙骨から離れる方向へ力が働きます。

またぎっくり腰をやってしまいそうで怖い

ぎっくり腰をやってしむんではないか恐い、ヒヤヒヤしているという。

季節の変わり目にぎっくりを経験している人でまたなるのが恐い、

ヒヤヒヤしているという方は多いのではないでしょうか?

そういう方は、

・またぎっくりをやってしまいそうな前兆がある。
・首すじが、重いつっぱる
・腰やお尻周辺がいつも、重い硬い
・ねこ背気味であり、背中がハル
・脚が重たい
・アキレス腱や足首が硬い

などの前兆や動きなどに違和感があると思います。

早めに対処しないで、痛いのを我慢していると、

全身に腰以外の2次的な痛みがでたり、顔にもゆがみが強くなります。

またお尻を後ろへ突き出すような姿勢である反り腰になることで

股関節が内側へ回転し、おしりの深いところにある靭帯が仙骨

腰骨をずらす力が働きます。腰が抜ける、足に力が入らない

これからの季節の変わり目は、思わず、「ぐきっと」やってしまいがち

です、起こして何もできなくなる前に早めの対処が必要になります。

腰が抜ける、足に力が入らない、ギックリの前兆がある

方は、ぜひ高崎市の腰痛整体の頭蓋骨と骨盤矯正をお試しください。