[flexy_breadcrumb]

高崎市箕郷町、肩こり、巻き肩はサコツのゆがみ 

鎖骨と巻き肩になる原因

巻き肩 肩こり サコツのゆがみ

肩こり、巻き肩の原因は、鎖骨のゆがみ、腕のねじれというテーマでお届けします。

揉みほぐしやマッサージをしてもどうにもならない肩こりは、

鎖骨のゆがみや肩のねじれ、肩関節つまりが原因かもしれません。

もしあなたが肩こりでずっとお悩みなら、

下記のような症状はありませんか?

こんにちは、群馬県高崎市 整体ゆあさです。

一つでも当てはまれば鎖骨が歪んでいる可能性があります。

・左右で鎖骨の高さが違う
・鎖骨が片方だけ前方に飛び出ている
・腕を下げた状態で手の甲が前を向いている
・鎖骨の下の筋肉を触ると痛みや張りがある
・鎖骨の上の窪みを触ると痛みがある
・ストレートネックである

この状態だといくら肩をもんでも肩こりは解消されません。

鎖骨が歪む主な原因は頭が体より前方に出ている姿勢の

崩れや、指、手首、ひじなど腕のねじれやゆがみが

肩に負担をかけてしまうからです。

鎖骨や肩関節、肩甲骨などは大小様々な筋肉で複雑に構成されています。

鎖骨のゆがみを生じさせる代表的な筋肉は胸鎖乳突筋や小胸筋、大胸筋などです。

肩をもんでも解消されない肩こりは、体の表面にある

筋肉が縮んで鎖骨にもゆがみが入っているからです。

巻き肩になりやすい日常動作

腕を内側にするように手を使う姿勢と動作

・キーボード、パソコン作業
・書物、マウス、物を掴んで力を入れる
・座っていても、寝ていても腕が内側ねじれている

昼間は、パソコン作業、夜は寝ている時まで、

腕がねじれているため、肩を巻いていることが

普通になっていしまっています。

誰かに、注意され初めて姿勢が悪い、特に痛みもないため

巻き肩と思い始めるのではないでしょうか?

<巻き肩でなる姿勢>

首が前に出る
・あごが飛び出す
・背中が丸まる、猫背
・首すじ。肩甲骨の真ん中がこる

・頭痛、首筋のこり、ストレートネック
・肩の高さが左右で違う
・腕が上がりづらくなる。
・肩や肩甲骨が働かない
・足の長さが左右で違う
・頭から足までバランスが悪くなる。

たかが、鎖骨のゆがみと思われますが、全身と

深いつながりの関係があります。

肩を動かすとゴリゴリ鳴る肩こりでお困りの方は

鎖骨のゆがみも関係していることも考慮してみてはいかがですか?

巻肩をサコツや腕のねじれから改善

巻き肩になる原因は、肩が問題ではなく、本当は位置

巻き肩、姿勢でお悩みの人のお役に立てれば幸いです。

巻き肩は、なぜなるのか?それは腕の使い方と手首から

肩までの動きのつながりが関係します。

そこで試しにご自身でテストをしてもらいたいのですが、

・手首を内側にひねっても、肩は巻きます。
・肘を内側にねじり込んでも肩は巻きます。

手首肘を内側に回すとなおさら肩は巻きます。

その中でも手首を小指側に倒しながら作業を行うと

サコツの外側のつけ根や肩の関節が位置側に入り

関節のスキマがなくなり腕がロックして肩が動きづらくなります。

この習慣が、長ければ長いほど、腕や肩を外に開きづらく

腕が上にも挙がらなくなります。

腕から肩全体の内ねじりのクセが強いと言ったほうが

いいのではないでしょうか?

肋骨かから肩、首、あごまでバランスは崩れます。

それだけ、サコツ、肩甲骨のゆがみ、腕のねじれは、

カラダ、姿勢を歪める割合をしめています。

巻肩でお困りの人は、首、肩甲骨、サコツ、腕のねじれ

の高崎市腰痛整体を是非、お試しください。