[flexy_breadcrumb]

高崎市箕郷町、不眠症、睡眠障害、疲れ

不眠・睡眠障害・寝不足でお困りではありませんか?

不眠 睡眠障害 うつ

☑食欲がなく、体重が減った 仕事がはかどらない 
☑ 周りのことに興味や関心がわかない 
☑ 眠れない、夜中や早朝に目が覚めてしまう
☑ ストレス、イライラでだるい、疲れが常にある
☑ 気分の落ち込み寂しさ、悲しさを感じる  
☑ 考えがまとまらず、集中できない

日本人の5人に1人が不眠症・寝不足で悩まされています

現在、日本人の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と、不眠症が疑われる状態です。さらに加齢とともに不眠は増加して、60歳以上の方では約3人に1人が睡眠問題で悩んでいるとされています(厚生労働省HPより)。睡眠の質が低下すると、疲れが取れないばかりか、免疫も低下、気持ちもすっきりせず、仕事の効率も落ちてしまいます。健康維持に質の良い睡眠は必須です。

不眠症の4つのタイプ病院では「睡眠導入剤」を処方されるが・・・

眠れないんです」と訴えると、病院から処方されるのが「睡眠導入剤」。当院にも服用されている方がたくさん来院されています。鬱っぽい症状でもよく処方されることがあります。服用すれば眠れるけど、薬がないと眠れないというのは、決して健康な状態とはとても言えません。
 なるべく薬に頼りたくないけど薬を飲まないと眠れないのでは・・・と不安になってどうしても服用してしまうという方がとても多いです。
 
でも、できれば薬に頼らず自然な形でぐっすり眠りたいですよね。不眠症は薬に頼るしかないんでしょうか?そんなことはありません。いろんなタイプの不眠症がありますが、不眠で悩んでいる方に共通していることがあります。でも病院ではその「共通点」は全く検査もしませんし、治療することもしません。

不眠症を解決する「頭蓋骨のつまり・固さ首の動き」

頭蓋骨のズレが不眠を生む

あたまの呼吸を取り戻す

 いろんなタイプの不眠症がありますが、すべてに共通することがあります。それは頭蓋骨は硬く締まっているということです。頭蓋骨がぎゅ~っと締まっていると、脳にもストレスがかかります。カラダの緊張もとれず、自律神経のバランスも交感神経優位になります。背骨が硬くなっていたり、呼吸が浅かったり・・・眠るというリラックス状態ではなくなっているのです。

頭蓋骨の動きの軸 「蝶形骨」

頭蓋骨の動きの軸 「蝶形骨」

不眠症解消で特に大切なのがこめかみの部分にある「蝶形骨」です。頭蓋骨の中心にあって、左右に貫き、あたまの呼吸の「軸」をなしている骨です。解剖学的にもこの骨にホルモンを分泌する下垂体が載っているため、蝶形骨の動きが悪くなるとホルモン分泌にも影響します。
もう1つ、蝶形骨は眼球の動きにも関わります。睡魔に襲われたとき、眼球はどちらに行くでしょうか?とても眠そうな子供を思い出してください。

半開きになったまぶたで、眼球は上を向いていませんか?睡眠時は眼球は上を向くようになります。不眠症でお困りの方は眼球の動きが悪いこともあります。蝶形骨は眼球のあるくぼみ(眼窩)の後ろの壁に当たる骨で、視神経が蝶形骨の切れ間をとおって脳へつながっています。つまり蝶形骨のズレは眼球や視界(視野)にも影響するのです。あたまの呼吸の改善、特に蝶形骨の調整が不眠症解消のカギになってきます。
 

不眠、睡眠障害、うつの原因

不眠、うつ病は、自律神経、頭蓋骨と全身のゆがみ

肺の呼吸、肋骨、横隔膜もしっかりと!

不眠症の方は頑張り屋さんが多いです。常に何かに追われていたり、考えことをしていたり。総じて、肺の呼吸も浅い人が多い傾向にあります。高崎市腰痛整体ゆあさでは、呼吸器系の改善を肋骨や肺、横隔膜、肋骨の動き、そして背骨の可動性も同時に図ります。深い呼吸ができるように整えていきます。
呼吸と自律神経はつながっています。深い呼吸ができるようなれば、カラダの緊張もとれて質のよい睡眠がとれるようになります。

現代人は、パソコン・スマホなどから猫背姿勢で呼吸が浅くなり、自律神経に影響を与え、姿勢の悪さが頭痛や不眠など増加要因。いずれも精神的に追い詰められ易い状況になりますので、姿勢や頭頚部のバランスと言うのは、とても重要なのです。「不眠・うつ」を根本改善させたい方へ高崎市腰痛整体ゆあさが、あなたの不眠・うつのない未来へお連れします。口コミのお客様90%がご満足!

自律神経失調症のめまい、不眠

自律神経失調症により、ホルモンのバランスが崩れたり、抵抗力が低下したり、血行が悪くなったりすることから、頭痛、めまいが引き起こされる。 めまいの発作中は、片側の耳鳴り、難聴、耳づまり、吐き気などの症状を引き起こす。 自律神経失調症からくる不眠症でも、睡眠不足のため頭痛が起こりやすくなってしまいます。

眼精疲労からくる頭痛

視力低下やかすみ目、目がピクピクする、目が充血しやすい、目の奥痛、スマホやパソコンなどで目を酷使すると、首や肩も凝ったりして、疲れから姿勢も悪くなり、後頭骨と首がつまり重さや圧迫感があることが特徴。原因として腕にねじれが強い人に多い。

ストレス、自律神経の乱れからくる頭痛

ストレスがたまり自律神経の交感神経と副交感神経の、交感神経が優位の状態が続くと、首の血管は収縮したままになります。頭への血流量が少なくなります。頭蓋骨全体に新鮮な酸素や栄養に血液が回っていかないので、首コリ、肩こりがあると頭痛が起こりやすくなります。

その他の生活環境の不眠の原因は?

当然、不眠による影響は、多岐に渡ります。倦怠感・意欲低下・集中力低下・抑うつ・頭重・めまい・食欲不振など、厚生労働省の生活習慣病予防のための健康情報サイトの報告では以下の項目があげられています。

  • ストレス:神経質で真面目な性格の人
  • こころの病気:うつなど・薬や刺激物:カフェインやニコチン
  • 生活リズムの乱れ:交替制勤務や時差
  • 環境:騒音、明るさ、温度など

自律神経の交感神経と副交感神経で、交感神経が優位に続くと、首肩の血管は収縮したままになります。頭、脳への血流量が少なくなります。そして頭、脳に十分な新鮮な酸素や栄養が回っていかないので、神経は固く縮んだまま回復力を失っていきます。慢性的に、アゴのゆがみ、首コリ、肩こりがあると頭や、神経に酸素や血流が回りづらくなることで、不眠・うつ病が起こりやすくなります。

◇不眠とうつ傾向の関係性。

自分が「もしかしたら不眠うつっぽいかも…」と思ったら、まずは睡眠と頭から首、背中までのハリに変化が起きていないかチェックすると、不眠、うつ症状の早期発見に役立ちます。

  1. うつ病と不眠が同時に現れるケース 約30%
  2. うつ病のあとに不眠が現れるケース 約30%
  3. 不眠が先に現れるケース         約40%
不眠うつの関係、仮面うつ病とうつ病の違い、産後、育児うつ、マタニティーブルー

睡眠中、眠りはじめには「ノンレム睡眠」が何分か続き、やがて覚醒に近づき「レム睡眠」になります。その後、また深く眠る「ノンレム睡眠」に切り替わります。7時間程度の睡眠では4~5回ほど繰り返しているといわれています。不眠に悩まれる方は国民の20%よく寝られない、起きられない、疲れが抜けないなどの症状で悩まされています。

仮面うつ病とうつ病の違い

落ち込み、やる気が出ないという状態が続くことで、うつ病では?と気付くことが多い通常のうつ病に対し、仮面うつ病は精神症状よりも身体の不調症状が先に自覚されます。進行すれば、楽しいと感じていたものが楽しく思えなくなったり、やる気の低下や落ち込みなど、精神的な症状にも気づきます。

うつ病にも身体症状はあり、疲労感や息苦しさ、胃もたれや頭痛、食欲不振などがあります。こうした身体症状は通常のうつ病の初期症状にも似ているため、仮面うつ病はうつ病の初期とも言われています。

産後、育児うつ、マタニティーブルー

東京都監察医務院などの調査によると、出産後1年未満で自殺した女性は東京23区内で過去10年で40人に上り、もっとも多かった原因は「産後うつ」だという。出産は母体に大きなダメージを与えるとともに、ホルモンバランスの崩れを引き起こし心身に不調をきたす。その辛さをなかなか伝えられない孤独が、うつを引き起こすことがある。

マタニティブルー、産後うつ、育児うつの違い?

  • 「マタニティブルー」は妊娠・出産でホルモンバランスが崩れることで起き、多くのママが経験するもの。一般的には、産後10日以内に現れて、2週間程度で改善する一過性のものといわれています。
  • 「産後うつ」は、産後1~2週間から数ヶ月以内に発症し、症状が1年以上続くこともあります。10人に1~2人の割合で起きるといわれているため、誰がなってもおかしくない、とても身近なもの。ホルモンバランスの変化と合わせて、環境の変化や育児の不安なども要因になります。
  • 「育児うつ」は子育てに伴うストレス、環境の変化などで起こるうつ症状。

産後から身体的疲れや、身体のゆがみからくる、不眠イライラの身体的症状が辛い方を対象としています。

慢性的な 不眠・うつが続く人の全身のゆがみ

不眠・うつは神経が原因と思われがちですが、 不眠・うつからくるつらさが出ている人の共通点として(後頭部、首、背中のゆがみが多く。全身のゆがみも原因になります。

  1. 頭蓋骨の中でも後頭部のねじれが強く出ます。
  2. 首の骨1番目と2番めの骨が大きくゆがみ眠りが浅くなります。
  3. アゴの上下がズレ、噛み合わせも悪くなりが呼吸が浅くなります。
  4. 腕がねじれ(肩甲骨、肘、手首)から不眠・うつにつながります。
  5. 骨盤のゆがみ(腰全体)がゆがむと首や頭蓋骨がねじれます。

不眠、睡眠障害、うつの矯正の特徴と施術の方法

不眠、睡眠障害、うつは神経だけの問題ではありません。より効果的に予防・改善するために高崎市腰痛整体ゆあさでは、全身の検査から原因を作っているゆがみに「ミリ単位でアプローチ]

施術はおもに手技で行っていきます。骨格のゆがみに関連する緊張を緩めることで、骨格を正しい位置に戻していきます。強い刺激を加えると、防御反応で筋肉は緊張してしまい、骨格を矯正しにくくなるといわれています。そのため不眠、睡眠障害、うつをの矯正は、身体の負担とならないソフトな力で進めていきます。強い刺激や痛みを感じる施術が苦手な方も安心して受けることができます。

不眠、睡眠障害、うつを矯正とは、ずれた骨の位置を整えることで、自律神経症失調症の改善を目指していく施術になります。姿勢を改善するためには、身体の土台となる「背骨」や「骨盤」の位置を整える必要があります。全身の矯正では、背中(胸椎)だけではなく、頭蓋骨、頸椎腰椎骨盤まで矯正を加えていきます。

他の治療院とは違う、あなたが得られる7つのメリット!

  1. 骨格検査(頭~足先)で痛みにつながる本当の原因が知れます!
  2. 過去の痛み「ケガ・骨折・捻挫」後遺症も重視!
  3. 痛い所には触れず、効果的で実感できる施術!
  4. お体の悩みを全身のつながりから整える「全身バランス調整」
  5. ゆがみの元になる姿勢から改善させる「骨盤ねじれ矯正」
  6. 頭蓋骨、顔のゆがみを解消させる「頭蓋骨・お顔の整体
  7. 「え?」腕や足から不思議な整体と思う感覚!

痛みや不調の原因、身体のゆがみを調べ、その症状とゆがみの関係を明確にして、頭蓋骨、首、骨盤矯正から全身を整える整体になります。

整体後から理解が深まる3つの特徴!

  • 【特徴1】身体のゆがみ・ねじれの不調の原因になる状況を認識でき、再発防止の心配が減る環境つくりをサポート
  • 【特徴2】施術後も早期回復のセルフケアで安心感が高まる。
  • 【特徴3】帰宅後も気をつける点(姿勢、身体の使い方)の注意点もプリントを読めば理解が深まり、悪い習慣から「サヨナラ」できます。
    「環境、姿勢、クセ」3つ視点から工夫をすることが「私の使命」です。

何をしても良くならない不眠症、睡眠障害を腕から変える対策のポイント!

何をしても良くならない不眠症、睡眠障害を腕から変える対策のポイント!

腕がパンパンになっていることが不眠症、睡眠障害につながっていることがあります。
ここでは腕のハリ感、腕にねじれ手首の固さをとる3つの方法を紹介します。

1.腕を両側、外側から内側に向かってつかみ肘側と手首側を5秒ほど圧縮する方法(青白の矢印)
2.肘側の親指側、小指側の筋肉を手全体でつかみ外側に5秒開く方法(赤の矢印)
3.腕の真ん中を押したり、硬いところをもむ(中央の赤マル)

調子が悪い人ほど、肘から先の腕の部分や手首の動きがガチガチに凝り固まって腕のねじれ手首の固さが
強くなっています。

不眠症、睡眠障害の早期回復を目指す施術のペース

◆施術ペースの目安
初回~3回目位まで ⇒3日~1週間に1回 (3回目位までに悪い癖が抜けてきます。)
3回目~5回目位まで ⇒1~2週間に1回 (身体の状態が安定してくる頃です。)
5回目以降 ⇒3~4週間に1回 (良い状態をキープする為のメンテナンス。

頭痛の早期回復を目指す施術のペース

劇的な変化を望む方もいますが、通院回数が必要とされることもあります。

1.パターン1 (オレンジ)<回数:1回~3回程>1ヶ月程度

今の状態が「施術するたびに改善」していくパターンです。施術をするたびに楽になります。比較的、症状の軽減を早く実感できます。

2.パターン2(茶色) <回数:3回~4回程度>1~2ヶ月

今の状態が「階段式に改善していく」パターンです。元の状態に戻るパターンは、早い方で3日程度です。気をつけていても1週間程度で、元の状態に戻る方が多いようです。
少しの改善で変化を感じにくいのですが、 施術を重ねていくうちに、体調の良い状態がキープできるようになります。
3週間ほど期間を空けても、元に戻らなければ【良し】という判断になるでしょう。 

3.パターン3(みどり) <回数:4回~5回程度>2~3ヶ月

最初の数回の施術では、変化はなく「途中で急に改善していく」パターンです。施術を重ねることで、急に症状の改善を感じることができます。このパターンの方は少ないですが、長年にわたり症状を我慢していた方、症状が複数ある方や日常生活でねじれやゆがみを習慣化している方に当てはまるパターンです。 

これらの変化やペースはあくまで目安です。お客様の生活習慣やそれまでの経緯などによって異なります

不眠症、睡眠障害の予防と調子をキープするためのメンテナンス

不眠症、睡眠障害の予防と調子をキープするためのメンテナンス