[flexy_breadcrumb]

高崎市箕郷町・五十肩の症状と原因

四十肩・五十肩によくある症状

五十肩
  • 肩が痛くて腕が上がらない
  • 肩関節が動かしづらく、服の着脱が困難だ
  • 痛みは引いたが鈍痛がずっと続いている
  • 夜間就寝時に寝返りをうつと肩が激しく痛む

四十肩・五十肩の痛みの原因

「肩が痛くて腕が上がらない」
「腕が後ろに回らず洋服の着脱が難しい」
「洗濯物を干すのがつらい」

などは、四十肩・五十肩の代表的な症状です。

【五十肩と肩こりの違い】

肩こりの主な原因は「血行不良」と「筋肉の緊張」であることに対し、四十肩・五十肩の主な原因は「肩関節周辺の炎症」です。
加齢などにより肩関節にある「腱板」に炎症が起こると、「関節包」と呼ばれる関節をスムーズに
動かすための組織にも障害が起こり、その結果肩の痛みや動かしづらさを感じるようになります。
また、四十肩・五十肩は日常生活の悪い癖によって発症するリスクが高くなるとも考えられています。

痛みの原因は「肩関節の炎症」

四十肩・五十肩とは、40〜60代あたりにかけて起こる可能性がある「肩関節周囲炎」のことをいいます。
「腕を上げると肩が痛い」「肩が動かしづらい」寝返りをうった時に肩が痛む」など、

日頃の何気ない動作をした際に症状があらわれる場合もあります。
また、四十肩・五十肩は肩こりと勘違いされることがありますが、この2つは全く違います。

【日常生活で考えられる原因】

◇加齢

加齢に伴う、筋力の低下や柔軟性の低下によって、関節周辺の組織に負担がかかりやすくなります。
「腕の位置を固定する」「腕をあげる」といったささいな日常動作でも、筋肉や関節包には常にストレスがかかります。
中高年の方に発症しやすい点から、加齢が四十肩・五十肩の主な原因に考えられています。

◇姿勢不良

猫背で背中が丸くなっていると、肩まわりの筋肉が引っ張られ、微細な損傷を起こすことが考えられます。
特にデスクワークやスマホの操作など、長時間同じ動作が続くほど首肩の筋肉が固まり、損傷しやすくなります。

◇背中の筋肉低下

姿勢保持筋が低下すると、背中が丸まりやすくなります。
特に背部の筋力低下は、猫背の原因になります。

◇肩が左右で偏っている(傾いている)

「右肩が上がっている」「肩が前方にねじられている」肩甲骨やその周りについている鎖骨や筋肉といった身体のアンバランスがあると、
巻き肩や腕もねじれて同じ動作でも筋肉や腱にストレスがかかりやすくなりっ肩甲骨、肩関節、上腕、前腕、手首まで影響がます。

◇骨盤のゆがみ(不良姿勢)

四十肩・五十肩は、猫背の方に多く見受けられる傾向があります。
猫背は骨盤のゆがみが関係しており、骨盤にゆがみが生じると背骨から肩甲骨、肩関節にもゆがみが伝達し、
その結果、四十肩・五十肩になりやすくなるといわれています。

◇運動不足

普段からあまり身体を動かさない方は、腰から肩関節の柔軟性が低下し、年齢とともに徐々に可動域が狭くなり
やがて四十肩・五十肩に繋がるケースがあります。
また、日頃から運動をあまりせず、急に肩関節を動かした際に筋肉や腱が損傷し、炎症が広がって
肩甲骨固まり四十肩・五十肩に進行する場合もあります。

症状時期別の正しい対処法と、四十肩・五十肩の予防法

四十肩・五十肩の症状は、3つの時期に分類
発症直後の最も痛みが強く出る「急性期」
痛みが徐々に和らぐ「慢性期」
日常生活を通常通り送ることのできる「回復期」
3つの時期に分類することができます。
それぞれの症状時期に合わせた対処法を行うことで、悪化を防ぐことができるだけでなく、早期回復に繋がります。
具体的な対処方法を、症状時期別にそれぞれ分けてご紹介します。

【五十肩の対処法】

◇急性期の場合

最も強い痛みの出る急性期(発症直後〜3日間程度)は、安静を第一に心がけ、運動をする、
重い荷物を持つなど肩に負担のかかることは控えるようにしましょう。
また、この時期は安静にしていても痛みを感じ、そのせいで夜に眠れなくなってしまう方もいます。
そういった場合は、冷やすことで炎症が和らぎ、痛みが軽減される場合があります。

◇慢性期の場合

発症してから4日ほど経過すると通常であれば徐々に痛みは和らぎ、慢性期に移行します。
慢性期に入ると急性期のような強い痛みはないものの、鈍痛が残り、さらに急性期に起こった肩関節の
炎症により筋肉が収縮し、肩に可動域の制限が生まれます。
そのまま安静にしていると肩関節はさらに固まってしまうため、ストレッチなどを行い肩関節をほぐし、
様子をみながら普段通りの生活へと戻すように心がけましょう。

◇回復期の場合

発症してから約1ヶ月ほど経過すると痛みは和らぎ、通常通りの生活を送ることができるようになりますが、
無理をすると再び痛みがぶり返す可能性もあるため注意が必要です。
「この部分が痛む」「こんな動きをすると痛みを感じる」などといったポイントを見つけ、
そのような動作は控えることが早期回復に繋がります。

【五十肩を予防する方法】

◇不良姿勢の改善

デスクワークなどで長時間パソコンに向かっている方は前傾姿勢が続き、猫背になりやすい傾向にあります。
こまめに休息を取り入れるよう意識したり、ストレッチで肩甲骨や肩周辺を柔軟にして四十肩・五十肩を予防しましょう。

◇定期的な運動

運動不足の方は肩周辺を動かす機会が減り、その結果、肩関節の可動域が狭くなって四十肩・五十肩のリスクが
高まる可能性があります。
ストレッチなどで肩周辺をほぐしたり、身体を動かすよう心がけて筋肉の柔軟性をキープし、
四十肩・五十肩を予防に繋げましょう。

【五十肩・肩関節周囲炎・凍結肩】

四十肩、五十肩は凍結肩と呼ばれているもので、

肩関節周囲の筋肉がきちんと動かなくなる
・関節が固まり動かなくなる
・関節内に炎症が起こる

ことにより、急激に肩が痛くなったり、徐々に肩が動かなくなったりしてきます。
特徴的な症状としては、夜間痛といって夜に眠れないほど肩が痛くなることもあります。

まず当院では、徒手検査により現在の可動域、関節の拘縮度合を確認したり、日常生活動作での痛みを確認します
(服を着る、頭を洗う、結ぶ動作が痛いなど)。
この検査により、まずどの動作から改善していくのか目標を設定します。

肩関節周囲炎は、一人ひとり症状が大きく違いますし、その日の天気でも変わってきます。
そのため、必ず毎回施術前施術後に検査を行いその日の可動域、可動制限を確認して施術していきます。

【四十肩・五十肩に対する施術方法の種類

■肩甲骨(ローテーターカフ)と肩関節

施術は手技療法をメインとして行います。筋肉内の血流をよくするストレッチ
関節拘縮を解消していく為の運動療法、
動きづらくなってしまった関節包、靭帯、筋肉や関節の可動域の拡大など、さまざまな施術法にてアプローチしていきます。
症状によって施術期間はさまざまですが、日常生活に支障の出ない程度に戻るまで2、3ヶ月かかる方が多くいらっしゃいます。
肩の動きを取り戻して、快適な生活を送れるようにしていきましょう。

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉をゆるめて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

■猫背矯正で姿勢を改善して肩の負担を減らす。

先述の様に、四十肩・五十肩の明確な原因は分かっていません。その為、猫背が治れば四十肩・五十肩が治ります!
と言うことは出来ませんが、猫背になり本来からズレた位置に肩があることで、肩の周りの筋肉や靭帯、関節包などへの負担が
大きくなることが考えられます。
また、ズレた位置にある肩は、本来の状態よりも動かしにくくなりますので、猫背を改善することを通して、
肩への負担を減らし、動きやすい肩を創っていきましょう

■筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を覆っている「筋膜」にアプローチしていきます。筋膜の緊張や癒着をほぐすことで組織の回復力を高め
痛みの軽減や可動域の改善が期待できます。

■全身(頭蓋骨)を含めた全身骨格矯正

仙骨、骨盤のズレや背骨、頚椎、頭蓋骨、脚、骨盤、腰、肩、腕どに五十肩に関係するゆがみを本来の状態に戻し、
全身の連動の動きに効果が期待できる施術です。動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことで血液・リンパ・神経の流れも良くなります。

次回来院時までの、自宅でできるストレッチ

肩甲骨ストレッチ(拘縮している)可動域を出すため自宅で、癒着部分の筋肉や靭帯のストレッチで剥がしてもらいます。

五十肩で、腕が上がらない、肩が動かずに痛みに悩んでいる方は、
是非当院の頭蓋骨を含めた全身調整をお試しください。